北朝鮮総合
最新 最初 🆕
#1 [ゆう] 12/08/15 17:51
北朝鮮もしっかり考えなきゃ

拉致問題解決前に
言葉悪いけど
遺骨より今!生きてる拉致被害者を取り返せよ

#426 [匿名レポーター]
北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、空軍の飛行競技大会が開催されたと伝え、日本海に空母2隻を展開して圧力を強めるアメリカのトランプ政権への対抗姿勢を強調する狙いがあると見られます。
北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、空軍の飛行競技大会が4日開催されたと伝え、国営の朝鮮中央テレビは5日夜、映像を放送しました。

放送された映像には、キム委員長が見守るなか、ミグ29戦闘機など多数の航空機が滑走路から次々と離陸していき、目標を攻撃したり空中で旋回したりする様子が写されています。また、1980年代にヨーロッパを経由して入手したと言われるアメリカ製のヘリコプターが編隊を組んで飛行するものもあります。

国営メディアは空軍司令官が「敵の空母をはじめとした、いかなる目標も一撃で消滅できるよう準備し、全軍を鼓舞させる競技大会だ」と述べたと伝えています。

北朝鮮としては、日本海に空母2隻を展開して圧力を強めるアメリカのトランプ政権への対抗姿勢を強調する狙いがあると見られます。

さらに国連安全保障理事会の制裁決議で各国から北朝鮮への航空燃料の輸出が原則として禁止されている中、みずからの空軍力をアピールすることで圧力には屈しないという立場を示す狙いもありそうです。

jpg 117KB
⏰:17/06/06 19:20 📱:PC 🆔:XQ80Sfmc


#427 [匿名レポーター]
米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は16日、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル基地「西海衛星発射場」の最新の人工衛星画像を公開し、発射台の南側の空き地で新たな施設の建設とみられる作業が行われていると指摘した。
空き地では2014年から掘削作業が行われていたが15年半ばに中断。今年に入って再開していた。画像では基礎工事のためとみられる掘削作業が確認された。米韓研究所は「施設の建設目的は不明だが、発射台に近いことから発射実験の支援に関連しているとみられる」と分析している。

⏰:17/06/17 12:23 📱:PC 🆔:GMviDiRE


#428 [匿名レポーター]
韓国政府によれば、北朝鮮のラジオ、朝鮮中央放送は4日、「午後3時(日本時間同3時半)から特別重大報道を行う」と予告した。北朝鮮は2016年1月の核実験と2月の長距離弾道ミサイル発射を伝えた際、「特別重大報道」という表現を使った。
4日午前に発射した弾道ミサイルと関係した内容になる可能性がある。韓国の文在寅大統領は4日昼の国家安全保障会議(NSC)で「今回の挑発は中長距離ミサイルと推定されているが、ICBM(大陸間弾道ミサイル)級である可能性も念頭に置いて精密に分析している」と語った

jpg 206KB
⏰:17/07/04 15:44 📱:PC 🆔:8/Up8eVY


#429 [匿名レポーター]
【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が28日深夜にミサイルとみられる飛翔体を発射した。深夜にミサイル発射に踏み切るのは極めてまれだ。日米韓当局が警戒強める日中ではない深夜の発射によって奇襲能力を誇示した可能性がある。

【写真で見る】北朝鮮のICBM級「火星14」

 北朝鮮北西部の亀城付近で数日前からミサイル機材を積んだ車両の動きなどが確認されていたため、日米韓当局は北朝鮮が「戦勝日」と位置付ける朝鮮戦争の休戦協定締結から64年となる27日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射などに踏み切る可能性があるとみて警戒を強めていた。

 だが、27日には、ミサイル発射などの動きは確認されず、北朝鮮国営メディアは28日、金正恩朝鮮労働委員長が27日に平壌にある朝鮮戦争の戦死者が眠る墓地を訪れたと報じていた。

 27日には、亀城地域は雨が降るなど、悪天候に見舞われており、発射を断念した可能性がある。日米韓が最も警戒を強める記念日の発射をあえて避けた可能性もある。

⏰:17/07/29 09:44 📱:PC 🆔:6FaFDBqc


#430 [匿名レポーター]
【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮は7日、政府声明を発表し、国連安保理で新たな制裁決議が採択されたことについて、「全面排撃する」と強く反発した。

 その上で、「米国がわれわれを圧殺しようとする無謀な試みをやめず、軽挙妄動するならば、いかなる最終手段もちゅうちょしない」と警告し、米国の圧力強化に対してさらなる軍事挑発を示唆した。

 2度の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて、安保理が5日に採択した制裁決議をめぐり、北朝鮮が反応したのは初めて。北朝鮮は声明で米国への対抗意識を強く打ち出し、決議を米国による「でっち上げ」と批判。「断固とした正義の行動に移る」とけん制した。

 また、北朝鮮に対する「米国の極悪な犯罪の代価を1000倍で清算する」と強調。米国の核の脅威が続く限り、核については交渉せずに核戦力を強化するとし、制裁決議で米国に加担した国々も「朝鮮半島情勢(の緊張)を激化させ、地域の平和と安全を危うくした責任を逃れられない」と非難した。 

⏰:17/08/08 17:16 📱:PC 🆔:1ygTGoQI


#431 [匿名レポーター]
【ソウル時事】9日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍報道官は8日付で声明を出し、北太平洋の米領グアム島周辺を中距離弾道ミサイル「火星12」で「包囲射撃する作戦計画」を慎重に検討していると威嚇した。

 米戦略爆撃機による朝鮮半島周辺での訓練実施を非難する中で述べた。

 グアムには米爆撃機が発進するアンダーセン空軍基地があり、声明は作戦計画について「アンダーセン基地を含むグアムの主要軍事基地を制圧・けん制し、米国に厳重な警告メッセージを送るためだ」と主張。「近く、最高司令部に報告され、金正恩朝鮮労働党委員長が決断すれば、任意の時間に同時多発的、連発的に実行される」と警告した。

 北朝鮮国営メディアは5月15日、「火星12」の発射実験が14日に「成功した」と報じている。射程4500〜5000キロと推定され、グアムを射程に収めているとみられる。 

jpg 284KB
⏰:17/08/09 10:27 📱:PC 🆔:mDn.GXPM


#432 [匿名レポーター]
北朝鮮「ミサイルを4発打ち、島根、広島、高知上空を通過させる」

10日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮軍の金絡謙・戦略軍司令官は9日、
中距離弾道ミサイル「火星12」4発を同時に米領グアム島周辺に向けて発射する計画を検討していると表明した。
計画では、ミサイルは「島根、広島、高知の各県上空」を通過し、
グアム島周辺30〜40キロの水域に着弾することになると述べた

jpg 60KB
⏰:17/08/10 09:25 📱:PC 🆔:Nx3zPKW.


#433 [匿名レポーター]
【ワシントン=大木聖馬】米ジョンズ・ホプキンス大の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」は11日、北朝鮮東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)・新浦(シンポ)の港にある造船所(潜水艦基地)での活動が活発化していると指摘した。

 同グループは、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験を近く行う可能性があると分析している。

 同グループが7日に撮影した衛星写真を分析したところ、造船所に停泊しているSLBM搭載可能な新浦級潜水艦の船首から船尾にかけて、網やシートのようなものが掛けられていた。この潜水艦での活動を隠すための措置とみられる。北朝鮮は昨年7月にSLBM実験を実施する前にも同様の措置を講じたことから、同グループは「海上でのSLBM実験を近く行うかもしれない」と指摘している。

jpg 155KB
⏰:17/08/12 15:52 📱:PC 🆔:7z9vOO1w


#434 [匿名レポーター]
 北朝鮮の動向を監視している米軍の偵察衛星が、中距離弾道ミサイルの発射に向けた移動発射台の準備とみられる動きを観測したことが15日までに分かった。米国防当局高官がCNNに明らかにした。

この動きがグアム攻撃計画と直接関係しているかどうかは今のところ不明だが、同高官によれば、北朝鮮は攻撃を実行すると決まってから24〜48時間でミサイルを発射できるよう準備を進めている可能性があるという。

ただ複数の米当局者がCNNに語ったところによれば、北朝鮮がこれまでも頻繁にミサイルや発射台を移動させてきたものの、過去の例からみて必ずしも発射の決定が下ったことを示すわけではないという。

北朝鮮は米領グアム周辺へミサイルを撃ち込む計画を発表しているが、マティス米国防長官は14日、米国へ向けた攻撃があれば「戦いが始まる」との警告を発した。

マティス長官は国防総省での記者会見で北朝鮮に対し、「結果を引き受ける覚悟がなければ相手を攻撃するものではない」と述べた。ミサイルが発射された場合、グアムなどの領内へ向かっているかどうかは米軍が「瞬時に」判断できると強調。米国の領土が標的だと判明した場合はミサイルを「撃ち落とす」と明言した。

jpg 158KB
⏰:17/08/15 13:28 📱:PC 🆔:aHeUL242


#435 [匿名レポーター]
北朝鮮メディアは15日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、グアムへのミサイル発射作戦を実行する部隊を視察し、「アメリカの行動をしばらく見守る」と発言したと報じた。
2週間ぶりにメディアに姿を現した金委員長は、挑発一辺倒だった従来の姿勢から一転、アメリカの出方をうかがう発言をした。
硬軟取り混ぜた駆け引きが続いている。
朝鮮中央テレビは15日朝、金委員長が、グアムへのミサイル発射作戦の実行部隊を14日に視察した様子を放送した。
朝鮮中央テレビは、「(金委員長は)アメリカは、われわれに対する傲慢(ごうまん)無礼な挑発行為と一方的な強要を直ちにやめて、われわれをこれ以上刺激するなと述べられた」と報じた。
金委員長の前には、ミサイルの飛行経路が記された地図が広げられ、司令官が「射撃準備は完了した」と報告したという。
その一方で、金委員長は視察の際、「愚かなアメリカの行動をもう少し見守る」と発言したと報じられた。
ミサイル発射準備が整いながらも、すぐには発射しないという姿勢を示すことで、トランプ政権に揺さぶりをかけ、政策転換を迫ったといえる。
一方、韓国国内で演説した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「誰も韓国の同意なく軍事行動を決定することはできない」と述べ、朝鮮半島問題での主導権は、韓国にあるとの考えを強調した。

jpg 221KB
⏰:17/08/15 17:12 📱:PC 🆔:aHeUL242


★コメント★

←次 | 前→
↩ トピック
msgβ
💬
🔍 ↔ 📝
C-BoX E194.194